読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昇天

登校拒否を続けています。引きこもりです。最近覇気がないと言われました。もうなにもみえない、もうきこえない、あなたの話が理解できない。
そんなわたしの社会の接点はアルバイトです。そういうときだけいきいきしてます。
本も読まなくなったし絵をみてもなんとも思わないです。こないだ友達にすすめえられた映画を見ました。「いい」ことはわかりました、でもそれ以上の感想が思いつかないのです。いままでむげんにあふれてきた言葉が出てこないんです。小説も借りました。2、3行読むだけでもうたえられません。活字がだめ。すべてだめ。
インプットしないのでアウトプットはもちろんできません。なにか作れ、といわれても中身がからっぽだからなにもひねりだせない。
かわりに小さい頃の思い出がなんども走馬灯のようによぎります。
最近はふとんで巣を作ってにゃーん!!という遊びがいちばん心安らぎます、
今日もにゃーにゃー明日もにゃーにゃー!
誰か台本をください。なにからなにまで私の行動を決めてください。
「では、このボタンを押しなさい」
これはなに?
「ミサイルのボタンですよ、東京ドーム100こぶんの命がなくなります」
東京ドーム100こぶんって何人ですか?東京ドーム入場者すういっぱいの命ですか?
「いえ、東京ドームの容積いっぱいの心臓ぶんですから、もっと死にます」
それじゃあだめじゃん、春風亭昇太でーす!!!!!!!
押したじゃないか。受験するボタン。参考書を買うボタン。制服を着るボタン。ぜんぶじぶんで押したじゃん。
だからわたしは今日もにゃーにゃー明日もにゃーにゃー。次に押すのは結婚するボタン、母親になるボタン。
出口はどこなの?「私が出口なおです。」まじか。それじゃあだめじゃん、春風亭昇太でーす!!!!!!